FX 初心者講座

ローソク足の説明

FXトレードを行う上での分析は、利益を得るためにはとても重要な作業になります。初心者のうちは、その分析作業がとても大変な作業となります。
その時点においての為替相場が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかといったトレンドを見極めることが必要かつ重要なのです。
このトレンドを見極めるべく為のツールとして最も多くの投資家の方々が活用されているのが「チャート分析」です。
チャートの種類は何十種類もあって、FX 初心者にとってはどのチャートを利用していけば良いのか迷ってしまうことも多いかと思います。
そこで、「トレンドを見極めることができるチャート」に絞り、その詳細説明と活用方法について解説していきたいと思います。
チャートをどんどん活用して、トレンドを掴んでいって下さい。
「ローソク足チャート」これは為替相場の値動きをわかりやすくチャート化したもので、現時点のレートがどういった状態にあるのかが図式され一目で分かるようになっています。
一般的によく利用されているチャートで、統計的分析の基本中の基本とされています。
「ローソク足」は、1日・1週間のような期間で区切った値動きを表示するものもあります。
日足⇒1日の値動きを示す、週足⇒1週間の値動きを示す、月足⇒1ヶ月の値動きを示す、年足⇒1年の値動きを示す。これらは中長期トレード(スワップトレードなど)に活用すると便利です。
またこれらを更に細分化して、1・5・15・30・60分の期間で区切られたものもあり、それぞれ「1分足」、「5分足」、「15分足」、「30分足」、「60分足」といっています。
短期トレード(デイトレード、スウィングトレードなど)で活用すると効果抜群です。

ローソク足の見方

チャート分析において、ローソク足について理解しておくことは大変重要です。FX初心者のうちにしっかりと理解していきましょう。
ローソク足は、「陽線」と「陰線」に大別されています。
陽線とは、始値より終値が高く、通常は白か赤で表示され上昇傾向にあることを意味します。
陰線とは、始値より終値が低く、通常は黒か青で表示され下降傾向にあることを意味します。
太い黒ライン部分から出ている線のことを「ヒゲ」といいます。
上についているヒゲを「上ヒゲ」、下についているヒゲを「下ヒゲ」といって、ひげの長さやトレンドのどのあたりで出現したかによって「ローソク足」の持つ情報の意味合いが変わってきます。
基本パターン;ヒゲがない陽線⇒『陽の丸坊主』とも呼ばれています。上昇基調がとても強く、「買い」のサインとされています。
ヒゲがない陰線⇒『陰の丸坊主』とも呼ばれています。下降基調がとても強く、「売り」のサインとされています。
長い下ヒゲを持つローソク足⇒『たぐり線』『カラカサ』とも呼ばれています。始値よりも安い価格で売られたが、買い戻されて価格が戻ってきたことを意味します。底値付近で出現した場合は反転して上昇する可能性があります。「買い」のサインとされています。
長い上ヒゲを持つローソク足⇒『トンカチ』とも呼ばれています。『カラカサ』とは反対の性質を持ちます。天井付近で出現した場合は反転し下降する可能性があります。「売り」のサインとされています。コマ⇒相場が迷っている状態を意味しています。十字線・同時線⇒始値と終値が同じく、相場が方向を見定めている状態を意味します。天井あたりまたは底あたりで出現した場合には、相場として転換する可能性が高い傾向があります。
ローソク足のパターンはこれ以外にもありますが、FX 初心者のうちはローソク足の実態(部分)とヒゲの長さ、高値圏で出現したか底値圏で出現したかなどの基本部分を覚えていって下さい。
実際はトレンドの中で判断していく必要がありますから、チャート分析についての書籍などを参考にして、徐々に組み合わせパターンを覚えていくと良いかと思います。


inserted by FC2 system