FX 初心者講座

証拠金について

FXのトレードを始めるにあたって、まずは取引を行うことに決めた業者への口座開設を行う必要があります。

 

 

 

初心者のうちは、わからない専門用語ばかりで難しいことばかりかと思いますが、しっかり勉強していきましょう。

 

 

 

口座開設時には、ある一定の額を担保として預け入れなければなりません。これを「証拠金」とよんでいます。

 

 

 

この預け入れた証拠金の限度範囲内でのトレードができるということになり、トレードで発生した損益分額のみをやりとり(差金決済)していきます。

 

 

 

実際に預ける必要のある証拠金というのは、トレードを行っていく額全体の1/10から1/20の金額ということになります。

 

 

 

例を挙げれば、20万円を証拠金として預けたとして、10倍のトレードが可能であるとします。この場合、トレードの可能金額は限度200万円ということになります。

 

 

 

このようなトレードを行うことを「レバレッジ」(てこ)を効かせる。といっています。

 

 

 

FXのトレードを行う上での最低証拠金というものは、トレードを行う業者によって異なっています。

 

 

 

初心者のうちは、あまり高額から始めないように、自己資金から余裕をもって使ってもよい問題ない金額であるかを確認してみて下さい。

 

 

 

証拠金が必要なタイミングとしては、新規の口座開設時と同じタイミングで振り込まなければならない業者もありますし、実際にトレードを開始する時点で必要となる業者もあります。

 

 

 

新規の口座開設時に必要な場合は、”初回最低預かり証拠金”または”初回最低入金額”というように明記されています。

 

 

 

またトレードを実際に始める時に必要な証拠金は、”最低証拠金”または”維持保証金”というように明記されています。確認してみてください。

レバレッジについて

FX取引の特徴の一つとして、取引業者に預け入れた証拠金の数倍から数十倍のトレードが出来ることが挙げられます。このことを「レバレッジ効果」といいます。

 

 

 

レバレッジは「てこ」のことを指しますが、「てこ」は小さな力でも大きな物を持ち上げることができます。

 

 

 

FXも少ない証拠金をもって、数倍の額でのトレードをすることで大きなリターンが期待できます。初心者のうちは、あまり欲張らずにして下さいね。
例を挙げます。50万円の証拠金で「レバレッジ5倍」であれば250万円までのトレードが可能で、「レバレッジ10倍」であれば500万円までのトレードが可能ということになります。

 

 

 

レバレッジ効果は、このような多額のトレードをして大きな利益が期待できる反面、想定外の相場になった場合には損失も大きくなってしまいます。
『レバレッジ効果=ハイリスク・ハイリターン』であることを初心者のうちに、理解しておかなければなりません。

 

 

 

為替相場が1ドル=105円の時に1万米ドルのドル買いをしたとします。この場合「日本円で105万円のポジションを持つ」といいます。1万米ドルを買う(105万円のポジションを持つ)のに必要である証拠金が1万円と仮定して、105万円÷1万円=105となりレバレッジは105倍という計算となります。
必要な証拠金が10万円であるならば、レバレッジは10.5倍となります。

 

 

 

レバレッジ倍率は、業者によって変わってきます。
一般的には、MAXで10倍?20倍に設定している業者が多いようですが、50倍、100倍もしくは200倍の設定ができる業者もあります。

 

 

 

また、レバレッジを高目に設定することにより必要となる証拠金も高くなる場合がありますので、自己資金に見合った取引業者を選択するようにして下さい。


inserted by FC2 system