FX 初心者講座

FX取引の注文方法

FX取引における注文方法の基本を記述していきます。初心者のうちに、しっかりと理解しておいて下さい。
株式投資を行った事のある方であれば、知っているかもしれませんが「成行」「指値」「逆指値」といった定番の注文方法については、FX取引においても同様です。
(1)「成行注文」⇒レートを指定しないで注文していく方法。
(2)「指値注文」⇒買いたい(または売りたい)レートを指定して注文する方法。
(3)「逆指値注文」⇒利益を確定させたり、損失を限定させたりするための注文方法です。
これらの注文方法のメリットとデメリットについて記述していきます。
「成行注文」⇒特徴として迅速かつ確実に売買できることが挙げられます。メリットとしては、確実に売り買いの注文が成立する。デメリットとしては、値段を指定していないので約定後に取引額が分かる。ことが挙げられます。
「指値注文」⇒特徴は、売り買いの値段を指定できる注文方法です。約定する値段があらかじめ分かる。決めてある。ことがメリットであり、レートが指値にならないと約定されない。ことがデメリットとなります。
「逆指値注文」⇒不利なレートにおいて指値を入れる注文方法です。メリットとしては、損失の拡大を確実に止められる。相場のトレンドにうまく乗りやすい。デメリットとしては、指値に達した瞬間に売買が成立してしまう。ことが挙げられます。
初心者のうちは、成行注文が使いやすいのではないでしょうか。
あらかじめ売買するレートを設定しておき、その設定したレートに相場がなった場合に、自動的に売買することが出来るようになっています。これを自動売買と呼んでいます。想定するリスクを回避できるシステムです。
為替相場は24時間動いています。仕事をしていて日中の為替相場の動きがチェックできない、夜には睡眠したいなど、ずっとパソコンの前で画面を眺めているわけにはいきません。
目を離した途端に儲ける機会を失ってしまう場合だってあります。
それとは逆に相場が激しく変動した際に、思わぬ損失がでてしまうかも知れません。そのようなリスクを補うのが「自動売買システム」というわけです。
売買方法には「成行」「指値」「逆指値」といった定番の注文方法の他に、FX特有の売買方法、IFD(イフダン)注文、OCO(オーシーオー)注文、IFO(アイエフオー)注文などがあります。

成行注文について

代表的な注文方法の一つに「成行注文」があります。FX初心者が一番よく使う注文方法と思います。
この成行注文について説明していきます。
成行注文とは「金額はいくらになってもよいので、現在表示されている値段で買いたい(または)売りたい」という注文方法になります。
レートを指定しないで為替の動向を見ながらでの注文方法で、すぐに注文を出せて売買も成立しやすいという特徴があります。
実際のFXトレードでは、「売り」と「買い」の値段が両方表示されます。値動きの動向をチェックしながら、レートを指定しないでどちらかをクリックすれば注文完了となります。
例を挙げれば、現在が1ドル=100円45銭?100円50銭というレートであったと仮定すれば、ドルの購入を「成行で買い注文」を出せば、1ドルを100円50銭で買い付けられることになります。
表示された値段が気に入らない、急激な変動が起こった場合には、値段を再表示させて注文することも可能です。
注意点としては、現在の値動きを確認しながら注文を出せて、確実に売買が成立させられる。「確実に売り買いが成立する」といったメリットがありますが、注文した時点での値段は確約された価格ではなく、注文レートと約定レートに差が生じる『スリッページ』により、約定価格に1銭?5銭程度の値幅が生じる場合があります。
いくらで売買されたかは売買が成立(約定)した後でなければ分からないというデメリットがあるので、初心者には要注意です。
スリッページが生じた場合には、売りでは指定したレートよりも安く売る。買いでは指定したレートよりも高く買うということになります。


inserted by FC2 system