FX 初心者講座

指値注文について

「指値注文」は「売りたいと思った価格」または「買いたいと思った価格」を指定する注文方法になります。
初心者から少しFX取引に慣れた方がよく使う注文方法ではないでしょうか。
為替相場は絶えず変動し続けていますから、レートが常に自分がトレードしたい価格になるとは限りません。
初心者のうちは、納得した値段で約定させたいので、パソコンの前でずっと待っていたりする方もいるかもしれませんが、それでは大変です。
時間がとれない方は、この「指値注文」が便利かつ有効となります。
例えば、1ドル=100円45銭?100円50銭というレートの時、取引したい価格が1ドル=100円10銭で「買いたい」という希望があるとします。
この場合では「1ドル=100円10銭での指値買い注文」を出しておきます。
指値注文とは「現時点よりも低いレートで買いたい」あるいは「現時点よりも高いレートで売りたい」といった場合にトレードできる便利な注文方法です。
指値注文の注意点としては、前記の例で、指値注文「1ドル=100円10銭の買い注文」を行った場合でも、為替相場が自分の思ったように変動してくれない(つまり円高にならない)場合があります。
こういった場合には、取引がなかなか成立しません。FX初心者のうちは、いいように指値になかなかならず、イライラすることもあるかと思います。
指値価格がレートと離れていくほど、注文が成立する確率が低くなっていきます。
そのレートがその金額にならないと、いつまでも取引が成立しないということです。
できるだけその時のレートに近い価格で「指値注文」をした方が、約定される確率は高くなっていきます。
メリットとしては、約定する値段があらかじめ分かる。希望する取引価格での注文が可能であるということ。デメリットとしては、希望したレートに相場が変動していかない限り、取引は成立しないといったことが挙げられます。

逆指値注文について

FX初心者のうちは、あまり使わない注文方法とは思いますが、「逆指値注文」について説明していきます。
「逆指値注文」とは、現時点でのレートよりも「価格が上がったら買いの注文を出す」または「価格が下がったら売りの注文を出す」といったような注文方法で、名前の通り「指値注文の逆の注文」になります。
FX初心者からしてみれば、損をする注文なんてしない。と思うでしょうが、為替相場のトレンドに乗っかりやすく、一定の利益を確定させることができ、確実に損失を止めることができるとういったメリットを期待の注文をすることになるのです。
一概には不利益にはならない場合もあるんです。
為替相場は、変動し始めると片方向に動いていく傾向があります。上がるであろうと期待した場合には上昇トレンドが続くことを想定して、現時点のレートよりも高くなったら買いの注文を出します。
反対に下がっていきそうと判断した場合には、下降トレンドになる・続くと想定して現時点のレートよりも下がったら売りの注文を出すようにします。
例えば、現在の相場が1ドル=100円00銭であった場合で、為替相場が1ドル=101円00銭まで上昇してきたら、「ドル高になる」と上昇トレンドの判断をします。
ここで前もって1ドル=101円00銭になったら「ドルを買う」という注文を出しておきます。また、為替相場が1ドル=99円00銭まで下がってきたら、「ドル安になる」と下降トレンドの判断をします。
この場合にも、前もって1ドル=99円00銭になったら「ドルを売る」という注文を出しておきます。
このように、「上昇トレンド」または「下降トレンド」になったかな・・・と推測・判断をした場合に、そのトレンドに乗っかっていけるように、前もっての注文をしておくという注文方法がこの「逆指値注文」というものなのです。


inserted by FC2 system