FX 初心者講座

「ストップ・ロス注文」と「リミット注文」

あまりFX初心者では使用しない注文方法ですが、「ストップ・ロス注文」について説明していきます。
「ストップ・ロス注文」は、損失をあらかじめ限定できる注文方法です。
もし仮に、為替相場が自分の予想とは逆の動きをした場合でも、出来る限り損失は小さく抑えたい、あるいは損失をあらかじめ限定しておきたい、と考える場合には「逆指値注文」が有効となります。
例えば、相場が1ドル=100円00銭とします。1ドル=102円00銭まで上昇すると予想(ドル高になる)し、差益を得たいと考えたとします。予想が外れてしまい1ドル=98円00銭まで下降(ドル安になる)すると2円分の損失が発生します。
最大1円までの損失に抑えたいと考えた場合には「1ドル=100円00銭でドルを買い、1ドル=99円00銭で売るという注文を出します。
この注文により、予想とは反してドル安となった場合でも、最大で損失1円ということになり、限定した損失に抑えられることになります。
このような買い方を「ストップ・ロス注文」といいます。損失が拡大していかないように、リスクを抑える手法として有効な方法といえます。
続きまして、これもあまりFX初心者は、使わないのですが、利益を確定する「リミット注文」について説明していきます。
例えば、ドル高になると予想して1ドル=100円00銭でドルを買ったと仮定します。
為替相場が予想どおりに動いて、1ドル=105円00銭まで上昇(ドル高)しました。 利益を確定したい場合には、1ドル=103円00銭で「逆指値による売り注文」を出しておくことで、1ドル=105円00銭から103円00銭にドル安になった場合でも、3円の利益が確定されるわけです。
このように、為替相場が予想どおりになった時は、逆指値を上げていくことで、一定の利益確保を狙うというのにも有効な手段といえます。

IFD(イフダン)注文について

「IFD注文」・・・イフダン注文といいます。FX特有の注文方法です。初心者にはわかりにくい方法なので、よく理解した上で使って下さい。
1度に売りと買いとをセットで注文できるもので、最初の注文が約定したら次の2つめの注文が自動的に発動されるといった注文方法になります。
例を挙げてみます。「1ドル=105円00銭でドルを買うという注文を出す場合、同時に「1ドル=110円00銭になったらドルを売るという注文も出しておきます。
つまり、最初の注文(1ドル=105円でドルを買う)が約定したら、その反対売買の注文(1ドル=110円になったらドルを売る)が自動的に発動されるというわけです。
この2つめの注文は、最初の注文が成約しない限り発動されることはありません。
注文は「指値」であっても「逆指値」であっても出すことができます。また、為替相場が思い通りに動いた場合の「利益確定」であったり、パソコンのモニタを見ていられない間に為替相場が急激に動いてしまって、大きな損失にならないための「損切り」にも有効な手段として利用できます。
注意点としては、「IFD(イフダン)注文」は、同時に2つの注文を出せるのですが、1つの注文に対しての決済方法は1つというルールがあります。1つの注文が決済された後に、2つ目の注文が自動的に発動されるのですが、利益を確定させるパターンで注文した場合に、思い通りでない逆の相場になってしまった場合の売り(損切り)決済は、手動で行うことになります。
トレードでは、利益を最大限に引き出すことが理想とされますが、損失をいかに少なくしていくか・・・という考えがより重要となってきます。
FX初心者にとっては、損切りを抑えるための「IFD(イフダン)注文」を行い、利益確定を手動で行うことがよい方法であると思います。


inserted by FC2 system