FX 初心者講座

「OCO(オーシーオー)注文」について

「OCO注文」・・・オーシーオー注文といいます。これもFX特有の注文方法です。
1度に2つの注文を出して、高いレートになったら売りの注文、安いレートになったら買いの注文が約定されるというダブルの指値注文です。
2つの注文のうち、為替相場に対して有利な注文条件のどちらか一方が約定されて、もう一つの注文は自動的にキャンセルされるという都合の良い注文方法です。
都合のよい注文方法なので、初心者のうちにしっかりと理解して使いこなせるようにして下さい。
OCO注文では「指値」「逆指値」両方ともできます。
「OCO(オーシーオー)注文」は、「利益確定パターン」や「損切り想定パターン」などのいろいろなケースでの利用が考えられます。
新規注文でポジションを持つ場合、例えば、現在の為替相場が「1ドル=100円00銭」だとします。上昇トレンドになったと予想して、1ドル=102円00銭になったら買いという注文を出しました。利益確保のため、1ドル=104円00銭になったら売り、もう一方は損失を限定させるため、1ドル=101円00銭になったら売りと注文を出します。
「OCO注文」ではこのような注文ができます。
この場合、思惑どおり1ドル=104円00銭(ドル高)になったら2円の利益が確定し、予想とは逆に1ドル=101円00銭(ドル安)になったら1円の損失が確定した、ということになります。
既にポジションを持っている場合、例えば、ドルのポジションを持っていると仮定します。
上昇トレンドであったのに急激なドル安になってしまった。現在の利益がなくなってしまう・・・こういった場合においても「OCO注文」が使えます。
1ドル=100円で買ったドルのポジションが、現在の相場では1ドル=106円00銭まで上昇しています。今決済すれば、6円の利益が確定します。もう少し上昇するかも・・・と考えた時に、1ドル=109円00銭まで上昇(ドル高)を期待するのであれば、1ドル=109円00銭での指値の売り注文と1ドル=104円00銭での逆指値の売り注文を同時に出します。
予想どおり1ドル=109円00銭になったら9円の利益が確定し、1ドル=106円00銭から急激な変動で一気にドル安となった場合においても自動的に1ドル=104円00銭で決済されるので4円の利益が確定されます。
このようにFX取引によくある相場の急展開の場面を、最小限のリスクで抑えることができました。どちらに転んでも、利益は確保されたということになります。初心者でもこれを理解していればかなり有効なものとなります。

「IFO(アイエフオー)注文」について

「IFO注文」・・・アイエフオー注文といいます。これもまたFX特有の注文方法です。
「IFO(アイエフオー)注文」とは、「IFD注文」と「OCO注文」を組み合わせた注文方法です。
この注文方法についても、初心者のうちにしっかりと理解して使いこなせれば、FX取引の勝率アップ間違いなしです。
2つの注文方法の特徴をそのまま活かしたものとなっています。
最初に「IFD注文」が約定した後に、自動的に「OCO注文」が発動されるという仕組みです。
「IFD注文」では、決済注文は1つのみの発注ですが「OCO注文」は一度に2つの決済注文の発注が可能です。
この2つを組み合わせることによって、一度に3つの注文が出せて決済注文も2つ可能となります。
つまり「IFO注文」で発注した場合、「新規ポジションの確保」「損切りの逆指値」「利益確定の指値」を同時に発注できて、最初の注文が約定されると2つの決済注文も自動的に発動されるということです。
現時点での為替相場が1ドル=100円00銭だと仮定します。1ドル=99円00銭になったら買いという指値注文を新規で発注しました。利益確保のため、1ドル=101円00銭になったら売り、もう一方は損失を限定するため、1ドル=98円00銭になったら売りという条件も同時に出します。
このケースでは、予想どおりドル高の1ドル=101円00銭になったら2円の利益が確定し、予想とは逆にドル安の1ドル=98円になったら1円の損益が確定するということになります。
このように、「IFO注文」は、買いから売り(あるいは売りから買い)まで、一度の注文で指定できて、決済も自動でされます。
仕事中などで、為替レートをすぐに確認できなかったとしても、トレードが可能な方法といえます。初心者には難しい注文方法ですが、理解できていると大変有効です。


inserted by FC2 system